不動産登記について

不動産登記は、不動産(土地及び建物)の物理的現況と権利関係を公示するために作られた登記簿に登記することをいう。
この説明だと、分かりにくいのでもう少し噛み砕くと、自分の不動産が誰のものかを国が証明してもらうために、登録することをいいます。

物理的現況ですが、土地や建物の所在・面積、地目(どんな土地なのか ex.宅地、畑など)のことをいいます。建物だと構造(木造、鉄筋造など)、床面積なども入ります。
権利関係は所有者の住所氏名、担保権の有無、内容などになります。

これらのことを登記簿(法務局が監理する帳簿)に記載して、公示できるようにすることを、不動産登記といいます。
公示して、一般に公開することによって不動産取引の安全と円滑を図るようにします。あの土地の持ち主は誰なのか、どのくらいの大きさなのかを法務局に行って誰でも確認することができるようになります。

不動産登記がなぜ必要なのかについてですが、誰かが「この不動産は俺のだ!」と行ったときに、「これは僕の不動産です。」と言っただけでは認められず、不動産登記をしてはじめて認められるからです。つまり、「この不動産は俺のものだ!」という人が何人も現れた場合、その不動産について登記されている人しか、本物の権利者として主張できないこととしました(民法177条)。国が守ってくれないということです。
ですので、不動産登記を含めて登記は速やかに行う必要があります。


                                     

このページの先頭へ