不動産鑑定士とは | ふどラボ 宇都宮不動産研究所 – 栃木県宇都宮市の不動産会社


不動産鑑定士とは

不動産(土地や建物)の適正な価格を決めることを国から許可されている人のことです。
ちなみに、最難関国家資格の一つでもあります。

新聞などで見る地価ですが、この鑑定評価を行っているのが私たちには身近でしょうか。それによってその地域の相場や税金の価格などがきまります。
他に、不動産を賃貸借するとき、不動産を担保にするとき、相続などで適正な価格が必要なとき、資産評価をするとき、不動産を売買・(等価)交換するとき、共同ビルの権利調整や再開発関連の場合などにも活躍しています。

主に業務としては
・不動産鑑定業務
 「地価公示」、「都道府県地価調査」、「相続税標準地・固定資産税標準宅地の評価」などの定期的に鑑定評価する。
 公共用地の取得や裁判上の評価(不動産を証券化する際の)資産評価なども行っています。

・調査・分析等業務
 不動産の取引価格水準や地代家賃などの水準把握。
 不動産売買および担保価値の把握のための調査・分析のほか、不動産投資や処分の判断資料となる調査・分析を行っています。

・コンサルティング業務
 不動産の専門家として広く個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定をはじめとする総合的なアドバイスを行っています。


                                     

このページの先頭へ