不動産仲介手数料

不動産売買・賃貸の際に不動産仲介業者に対して支払うお金のことをいいます。
成功報酬のため、売買や賃貸の依頼をしても取引が成立しなければ支払う必要はありません。
また、宅建業者(宅地建物取引業の免許を持つ者)以外の人が、仲介手数料を請求することは違法になります。

仲介手数料は、上限が宅建業法(宅地建物取引業 第46条)。
ですので、それを超えない範囲内で不動産会社が自由に決めることができます。

仲介手数料の金額ですが
不動産売買の場合は以下の表になります。
不動産の売買価格 手数料の上限
200万円以下 5%
200万円超400万円以下 4%+2万円
400万円超 3%+6万円

2000万円の住宅を購入した場合の仲介手数料の上限は
2000万円×3%+6万円で660000円(税別)になります。

賃貸の場合は
依頼者(貸主・借主)の双方から得られる報酬額の合計金額は、借賃(消費税を含まない)の1月分の1.08倍に相当する金額以内(1ヵ月分の賃料+消費税)で、依頼者の一方から受けることのできる報酬の額は、依頼者の承諾を得ている場合を除き、賃料の1月分の0.54倍に相当する金額以内と定められています。


                                     

このページの先頭へ