土地の値段

土地の値段

 

土地の評価額は、公示価格や都道府県基準地標準価格(基準地価格)あるいは路線価を基準にして決められます。ただし、実際の土地売買では、当事者間で自由に価格を設定して売買しています。

 

毎年、1月1日時点で全国約31000ヶ所の地点について、国土交通省から委託された不動産鑑定士によって、鑑定評価されたものが官報に公表されます。これを「公示価格」といい、新聞紙上にも一部が掲載されます。書籍でも「地価公示」として大蔵省印刷局が毎年発行しています。国土交通省のホームページでも検索・閲覧可能です。

 

公示価格と同様に、一般の土地売買の参考になるものが基準地価格です。各都道府県のおよそ26,000ヶ所の地点で、7月1日時点の土地価格が、9月下旬に公表されます。こちらもインターネットで検索・閲覧は可能です。

 

また、国税庁も、市街地の主要道路(路線)に面した標準的な土地の単価を決めています。これを相続税の路線価といいます。この路線価は、1月1日時点の公示価格が基準になっており、公示価格の80%相当額を目安に定めています。路線価は相続税や贈与税を計算する際の基準として使用されています。土地の単価の相場を求めるには、路線価を0.8で割り戻せばよいのですが、実際の評価額は角地、接道、敷地の形状など補正するべき条件によって上下するので注意して下さい。

 

他に、固定資産税評価額も土地の評価の参考になります。固定資産税評価額は各市町村が、土地や建物に課税するための評価額のことです。不動産を所有すると、固定資産税や都市計画税、不動産取得税などが課せられますが、こうした税額の基礎となる額のことです。固定資産税評価額は、3年に1度見直されます。

 

宅地の固定資産税評価額は公示価格の70%とされているので、公示価格が分からなくても、この固定資産税評価額を0.7で割っても計算はできます。

しかし、公示価格だけを見ていても、不動産価格を把握しきれるとは限りません。

現実に業界では実勢価格が重要となってきます。

 

3905cedcfed0cf98c056d710dcdf0cbf_s


                                     

このページの先頭へ