ローン借り換え

ローン借り換え

 

バブルも崩壊して、低金利時代に入りました。

 

借り換えのメリットがあるのは、ローン残高が1000万円以上、金利の差が1%以上、残りの期間が10年以上あるケースだそうです。

借り換えの金銭的なメリットは暗算でも概算できます。現在、残高1000万円、10年後に完済するケースでは、10年間の平均残高500万円×金利差1%×10年=50万円のメリットがあると考えられます。

デメリットとしては、諸費用として、新たな銀行の保証料、事務手数料、抵当権設定費用。また労力と時間がかかります。借り換え先、借り換え元の銀行との打ち合わせなど。

借り換えの費用として、銀行の保証料、抵当権の解除と新たな抵当権設定登記の費用(ローンの金額によりますが10万~20万円前後)、印紙税(1万円~2万円程度)といったところですが、借り換え元の銀行から保証料の返金があるので、実質、登記費用と印紙税と考えても大丈夫です。

 

借り換えの手順としては、

1、借り換え先の銀行の検討

2、借り換え先に融資を受けられるか相談

3、借り換え先に正式に申し込み

4、借り換え元の銀行に一括返済を連絡

5、借り換えローンの契約

6、新たなローンの実行(資金が入る)

7、借り換え元へ一括返済(資金が出て行く)

8、同時に抵当権の抹消

9、借り換え先で新たな抵当権を設定

 

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s


                                     

このページの先頭へ