競売3点セット

競売3点セット

 

・現況調査報告書

裁判所の執行官が作成します。土地・建物の概況、地積や床面積などの状況や、不動産を占有している者がいる場合にはその氏名等も記載されます。競売の申し立てのあった不動産の評価を記した書面。

実際に、執行官が現地に見に行くなどして不動産を調査した内容が記載されている他、見取り図や室内写真も添付されています。買い受けの判断や買い受け後の手続きにおいても重要な基礎資料となります。

 

・評価書

評価人が作成します。裁判所が売却基準額、買受可能額(これ以上安くは売却されない価格)を決めるための資料で、こちらも公開されています。

不動産競売手続きにおいては、短期の入札期間内に売却する必要があることや、不動産の状況に応じた各種補正が行われていることが、市場より安く不動産が購入できる理由のひとつとなっています。

 

・物件明細書

現況調査報告書と評価書の資料にもとづいて裁判所の書記官が作成し、買受後の登記手続きなど、裁判所が競売に関する様々な手続きを行うための基礎資料になります。競売の申し立てがあった不動産の概要を記した書類。また円滑な執行手続きを行うための資料にもなります。

 

上記3つの資料は裁判所で誰でも閲覧可能になっています。

 

d0e5a37e056328b2abbe5e691fe0bfd7_s


                                     

このページの先頭へ