河川法

河川法

 

日本の国土保全や公共利害に関係のある重要な河川を指定し、これらの管理・治水及び利用などを定めた法律。

 

目的:この法律は、河川について、洪水、津波、高潮等による災害の発生が防止され、河川が適正に利用され、流水の正常な機能が維持され、及び河川環境の整備と保全がされるようにこれを総合的に管理することにより、国土の保全と開発に寄与し、もつて公共の安全を保持し、かつ、公共の福祉を増進することを目的とする。

 

国や地方公共団体が洪水などの氾濫の観点から、整備する河川を指定して、私たち国民の命を守る法律になります。全部の河川を整備できればいいのですが、それに優先順位をつけていくということです。

 

現行の河川法においては、法の対象とする河川について水系を基本的な単位としている(水系主義)。水系は一級水系と二級水系に区分される。一級水系に含まれる河川は一級河川、二級水系に含まれる河川は二級河川と称される。

なお、河川法の適用を受けない河川は、普通河川と呼びます。

 

重要事項説明では、河川区域、河川保全区域、河川予定地又は河川保全立体区域における一定の許可を説明します(法26条1項ほか)。

 

区域に指定されているかどうかは、各河川を管理する地方整備局又は都道府県の河川管理担当部局で確認します。

 

注意点として、主に河川法に定める一級河川、二級河川などが対象となりますが、市町村が指定する準用河川についても上記の制限が準用されますので、注意して下さい。

eff743aaf503f85a050d3be4b2d41f27_s

 


                                     

このページの先頭へ