航空法

航空法

 

航空機の航行の安全及び航空機の航行に起因する障害の防止などを目的としている法律。

 

目的:国際民間航空条約の規定並びに同条約の付属書として採択された標準、方式および手続きに準拠して、航空機の航行の安全及び航空機の航行に起因する障害の防止を図るための方法を定め、並びに航空機を運航して営む事業の適正かつ合理的な運営を確保して輸送の安全を確保するとともにその利用者の利便の増進を図ることにより、航空の発達を図り、もって公共の福祉を増進することを目的とする。(航空法第一条)

 

最近では航空法の改正で、密集した住宅地などでのドローンの飛行を禁止したりしています。飛ぶものの(飛行機、ヘリコプター)に対しての規制している法律になります。

 

重要事項説明では、第一種または第二種空港、その他公共用飛行場などにおいて、航空機の離着陸などに支障を及ぼす恐れのある行為が禁止されていることを説明します(法49条1項、55条の2第3項、56条の3第1項、自衛隊法107条2項)。具体的には、建築物(アンテナなどの付属設備を含む)の高さや建築工事におけるクレーンなどの高さが制限されます。

 

調査先として、各空港でインターネットを利用した「空港高さ制限回答システム」を採用しているところもありますが、原則として、各空港事務所に問い合わせて照会します。空港によっては保安上の理由から、直接訪ねても受け付けてくれない場合がありますので、あらかじめ各空港事務所に電話やメールで問い合わせたいいです。

 

6111d09db592cb5cda396d91e903b5a0_s


                                     

このページの先頭へ