高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)

高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)

 

目的

この法律は、高齢者、障害者等の自立した日常生活及び社会生活を確保することの重要性にかんがみ、公共交通機関の旅客施設及び車両等、道路、路外駐車場、公園施設並びに建

築物の構造及び設備を改善するための措置、一定の地区における旅客施設、建築物等及びこれらの間の経路を構成する道路、駅前広場、通路その他の施設の一体的な整備を推進す

るための措置その他の措置を講ずることにより、高齢者、障害者等の移動上及び施設の利用上の利便性及び安全性の向上の促進を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目

的とする。

 

高齢者や障害者などの自立した日常生活や社会生活を確保するために、

○旅客施設・車両等、道路、路外駐車場、都市公園、建築物に対して、バリアフリー化基準(移動等円滑化基準)への適合を求めるとともに、

○駅を中心とした地区や、高齢者や障害者などが利用する施設が集中する地区(重点整備地区)において、住民参加による重点的かつ一体的なバリアフリー化を進めるための措置

などを定めています。

 

公共施設を中心としてバリアフリー化を促進するための法律になります。


                                     

このページの先頭へ