宇都宮の餃子

自分は大学で宇都宮から東京に出るまで、宇都宮が餃子で有名なのは知りませんでした。自己紹介で出身を宇都宮と言うと、みんなから「餃子の街」と言われるまで、宇都宮が餃子の街であることを知りませんでした。確かに、東京に来てみると、餃子の専門店は特に遭遇することなく、餃子はラーメンや中華のおまけのような扱い。餃子だけ食べるような食事スタイルが異端であること。ちなみに、自分が良く行く餃子店の正嗣にはライスすらありません。焼餃子、水餃子、ビールのみです。これだけ食べるか、焼餃子をテイクアウトしたり、冷凍餃子を買うのが基本的なスタイルだと思っていました。

県外の友人や知り合いに宇都宮の餃子ではどこがおいしいと聞かれることが多いですが、この場合「正嗣」と「みんみん」をお勧めしています。他の餃子店だと「さつき」「香蘭」しか知りませんが、あっさりしている王道の「正嗣」が一番好きです。飽きがこない味でたくさん食べれるのがとてもよいです。

市内の友人などとも話していても、「正嗣」と「みんみん」を勧める意見でほぼ一致していたりします。

 

8d402a550a63a12f3f541d5b1726873d_s


                                     

このページの先頭へ