BIMと不動産

BIMと不動産

 

弊社では設計にBIMを導入しています。

そのため不動産部門でもBIMを利用しています。

 

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)は、従来の図面や紙の資料に代わって、パソコンの中に建物の意匠、構造、設備を忠実に再現した3DのBIMモデルを作りながら設計する手法になります。

 

不動産に利用すると、敷地にかかる法律に対してどのような建物が建築できるのか、イメージのパースや動画を造ることができます。

平面図や立面図も同時にできますが、何よりわかりやすいパースなどを提示できるため、お客様が想像しやすい提案ができます。

実物と同じ壁紙や床材、天井のテクスチャを用いれば、出来上がりとの相違が少なくなります。また、時間ごとの日当たりや照明のシュミレーションもできるため、どのように陽が当たるかも想像しやすいです。近隣の建物のモデルもおこせば、建物が近隣に与える影響もわかりやすく伝えられます。

 

今までにない「わかりやすい」提案をBIMを用いてできますので、是非弊社のうつのみや不動産研究所をご活用して下さい。

 

%e6%8f%90%e6%a1%882-15-680x510kinrin3-680x361

 


                                     

このページの先頭へ