任意売却

任意売却は、不動産を担保に住宅ローンや借金などを借りた債務者(住宅ローンなどの借主)が、何らかの理由により返済不能になった場合、担保にしていた不動産は、金融機関などの債権者により差押になり、裁判所に競売の申し立てをします。
任意売却とは、競売という強制的方法の前に、債権者と話し合いをして、自らの意思(任意)で売却し、返済する方法です。一般的には不動産会社などの業者に、通常の不動産販売と同じように売却することを言います。

任意売却のメリット
・室内の確認をして、残地物なども撤去して引渡しを行いますので、市場価格に近い価格で売却できる可能性が高くなります(競売に比べて)
・販売は一般の方法と同じため、ご近所の方などの第三者に「お支払いできなくて売却になった」「借金過多」「債務超過」ということを知られることなく、売却、お引越しできる可能性が高い。
・売却をすると決めたときから、債権者とお話し合いをしているので、残債務についても柔軟に対応して頂けます。
・引越しの時期など、希望を聞いてもらいやすい。
・お話合いにより、引越し費用を残せることが多い。
・条件によっては住み続けることもできる

任意売却のデメリット
・手続きや交渉の負担
・債権者が同意してくれない場合
・保証人の同意を得られないケース(保証人が行方不明で見つからない、連絡が取れないなど)
・価格の折り合いがつかない可能性もある
・業者の不手際により損をするリスク


                                     

このページの先頭へ