不動産の図面

不動産は土地と建物に分けられます。図面も土地と建物と、土地と建物の配置の関係を示すものとがあります。

(1)土地に関する図面
・公図
法務局に備え付けられていて、職員に頼んで出力して貰うか、閲覧することができる。公図は、土地の境界や建物の市を確定するための地図で、不動産登記法14条第一項に規定する地図や不動産登記法第14条第4項に規定する地図に準ずる図面が代表的です。

・測量図
関係者(隣接地所有者など)の境界について同意のあるものと、同意を得ていないものがある。分合筆などのあった土地については、登記(法務局、支局、出張所)に「地積測量図」として備え付けられています。筆界点の座標値や筆界点間の距離、方位、縮尺、該当地の地番及び隣接地の地番などを記載されています。

・その他
土地区画整理事業が行われている土地については「換地図」などがあります。区画整理事務所には、図面が用意されていることがあります。

(2)建物に関する図面
・建物平面図
間取り図ともいわれ、建物を各階ごとに平面として見るとどのように利用されているかを表す図面です。ないことも多いので、こういった場合は、現地調査をして、図面を作る必要もあります。

・その他
建物の外観の形を表す立面図や高さ関係を示す断面図。内部構造の詳細を知るための矩計図。配管、電気設備などを示す設備図などがあります。

(3)土地と建物の関係を示す図面
・配置図
建物の配置や敷地との位置関係を示した図面です。道路の位置、幅員、隣地境界線、道路境界線、敷地内の高低差、敷地と道路の高低差なども示してあります。


                                     

このページの先頭へ