不動産証券化 | ふどラボ 宇都宮不動産研究所 – 栃木県宇都宮市の不動産会社


不動産証券化

特定の不動産に対して、その所有権や賃貸債権などを小口化して、多種多様な投資家ニーズに応じた商品提供(株式や社債など証券)を行うことで、換金性と流動性を付与すること。不特定多数の個人や投資家から資金を不動産市場に調達しやすくするのが狙い。
不動産の所有と経営を分離することで、様々な業態の事業者がそれぞれの得意分野を活かして、証券化スキームの組成と運営に関与することが可能です。
不動産証券化の種類として
・不動産投資信託
  オフィスビルや住宅、商業施設などの保有物件からの賃貸収入・売却収入を小口に分配する仕組みです。

・商業用不動産ローン担保証券
  商業用不動産ローンをまとめて証券化したものです。

・私募ファンド
私的な募集によって投資家から資金を集めるファンド、あるいは適格期間専門家と呼ばれる専門的知識を持つ投資家を対象としたファンドのこと。
別に、証券会社、銀行、保険会社などの店頭やホームページで不特定多数の投資家に対して販売されるファンドを公募ファンドといいます。  
不動産を購入するものも多いですが、REITなど不動産流動化商品を購入するものもあります。ファンドのエクイテイ部分への利回りを高めるため、金融機関からの借り入れにより負債比率を高め、負債のレバレッジ効果を追求することが一般です。


                                     

このページの先頭へ