セットバック

都市計画区域および準都市計画区域内において、敷地が幅員4m未満の道路(建築基準法第42条第2項道路)に接面している場合、敷地の境界を道路中心線から2m(道路の反対側が崖または川などの場合、反対側の道路境界から4m)後退させることをセットバックといいます。後退した部分(セットバック部分)は道路とみなされ、建ぺい率、容積率の算定上も除外されます。道路とみなされるため、建物は建てることができません。また、塀や門なども同様です。
土地を買うときには、接している道路の幅員が4m以上あるかどうか確認しないと、思いもよらない建築制限を受けます。
物件の資料などに書かれている「要セットバック」は、このセットバックを行わないと建築できないという意味で、「セットバック済み」というのは、既に土地を後退させて接道幅4mの条件を満たしてあるという意味になります。

42条2項道路に指定されているかどうかは、役所の建築指導課で調査する必要があります。以下の場合に該当すると2項道路の可能性は高いです。
・現況の幅員が4m未満
・その道路が不自然にでこぼこしている
・その道路沿いでL字溝が新しくなっているところがある
・役所の金属プレートがL字溝に貼られているところがある


                                     

このページの先頭へ